デザインについて

デザインするということ

「家」を作るということ。
それは、「形」を作ることではなく、
「幸せ」をデザインするということです。

主人公は、他の誰でもない「自分」と「大切な家族」。
そして、そこで育まれる暮らし。
ゆっくり、じっくり考えて、自分と家族のライフスタイルそのものをデザインしていきましょう。

どんな未来がほしい…?

誰でも、胸の中にささやかな夢を持っています。
愛する人と穏やかな時間を過ごす未来。
大好きなペットとずっと一緒にいられる空間。
趣味を超え、感性を高めていく自分。

そんな未来をイメージできたら、その暮らしのステージとなる家を考えてみましょう。

好きなことが思う存分できたり、家族と楽しくコミュニケーションできる家は、「暮らしの器」を越えて、もっとポジティブなステージになります。
そして、プラスのパワーがどんどん膨らんでいくのです。

『幸せ』の先にあるもの

愛する人たちと過ごす空間は、
時を経て思い出や味わいが深まると
最終的に「ふるさと」になります。

そして、「ふるさと」は子どもたちに受け継がれ、
新しい家族がまた「幸せ」を築いていきます。

長い時間の中で、ずっと変わらずに、
家族の「幸せな場所」であること。

それが、本当に必要な家づくりの条件なのです。