2017.04.13

旧篠原家住宅~宇都宮市~

こんにちは

宇都宮店の営業の石川です

JR宇都宮駅のすぐそばにある

『旧篠原家住宅』は

宇都宮を代表する旧家のひとつで

江戸時代から現在の場所で

醤油醸造業や肥料商を営んでいました

Copied_500_40255658.jpg

現在の篠原家住宅は

明治28年(1895)に建てられたもので

第二次世界大戦の時

醤油造蔵や米蔵などは

焼失してしまったようですが

現在でも

母屋と石蔵は残っております

Copied_500_40255708.jpg

私の大好きな階段箪笥も

120年も経っておりますが

とても良い状態で残っております

50年100年と時を重ねることで

無垢の木は風合いが増してきます

Copied_500_40255682.jpg

室内には

こんなに立派な金庫もありました

重厚感のある金庫の扉の裏面には

『篠原家』の文字と家紋が

書かれております


金庫の中はもちろん

耐火性のある桐の引き出しでした

Copied_500_40255784.jpg

石蔵はもちろん

地元、宇都宮の大谷石でつくられた蔵です

この篠原家住宅には

平成7年まで

人が暮らしていたそうで

ひとつの物を

直しながら大切に使ったり

先祖代々家を住み継ぐ文化は

日本でも昔は

当たり前のことでしたが

現代では

このような考え方は

貴重なように思います


拍手する