2018.08.02

薪ストーブ メンテナンス

こんにちは。郡山店の関野です。

私は、今年の4月から郡山店に配属させていただいております。

福島県内の工事を担当させていただきますので、

宜しくお願いいたします。

薪ストーブ01.jpg

先日、郡山店の薪ストーブをメンテナンスいたしました。

煙突内部の掃除、本体内部の掃除、劣化しやすい部品の確認、表面のツヤ出しなど

専門業者様にメンテナンスいただきました。

薪ストーブ03.jpg薪ストーブ04.jpg薪ストーブ02正面.jpg

《 メンテナンス後 》

今まで使用して作り出された雰囲気に、ツヤが増したことによって

薪ストーブの外観は新品とまた違った、何とも言えない深みのある

黒色になりました。

【 薪ストーブ メンテナンス過程 】

薪ストーブ06 養生.jpg薪ストーブ05 養生.jpg薪ストーブ07 養生.jpg

煙突上部から煙突内部の掃除をしていきます。

屋根の上での作業の為、落下防止のロープを取り付けて準備完了。

薪ストーブまわりも養生します。

薪ストーブ08.jpg薪ストーブ09.jpg

《 説明を聞くスタッフ一同 》

薪ストーブ15.jpg

扉の密閉性を高める為、各部の部品を締め直ししていきます。

薪ストーブ11 側面に付ける.jpg

前面に温度計を付けてしまいがちですが、一番鉄板が薄い側面(画像の位置)に

付けた方が、より温度の精度が上がるとのことでした。

薪ストーブ10.jpg薪ストーブ14.jpg薪ストーブ17.jpg薪ストーブ18.jpg薪ストーブ20.jpg

薪ストーブ上部カバーを外して掃除。

燃焼空間にあるビスには焼き付け防止の塗料を付けて締め直します。

薪ストーブ21.jpg薪ストーブ24.jpg

上部の掃除が終わってから、本体内部の掃除をしていきます。

※薪ストーブを使用しているときは、中の通気孔を灰で塞がない様に注意。

薪ストーブ27.jpg薪ストーブ28.jpg薪ストーブ30.jpg

最後に専用塗料で磨き上げて完了です。

薪ストーブ33.jpg

薪ストーブと長く付き合っていく為のメンテナンスが終わり、

今シーズンの使用がまた楽しみになりました。


拍手する