2016.09.29

這い上がる力

こんにちは。ジェイウッド郡山店 小川です。

最近、雨続きの為、くせ毛の方は大変な日々を過ごしておられるかと思います。

私もその一人です。早く晴天が続く日になればと思っている今日この頃です。

さて私事ですが、つい先週、猪苗代町にある1000円札でお馴染みの

「野口 英世」記念館に行ってきました。

野口 英世といえば、私の中では小学生の頃、読書感想文を書くため、

しょうがなく本を読み、書いたくらいの覚えしかなく、

内容はほぼ覚えておりませんでした。

とりあえずでやってしまったことって、あまり覚えていないものですよね。

ちなみに野口 英世もけっこうなくせ毛ですよね。

IMG_5711.jpg

現存する野口 英世の生家

幼い時、囲炉裏に落ちてしまったせいで、手に火傷をおい、

左手がずっと「グー」の状態となってしまった為に、いじめを受けたり、

農作業ができなくなってしまった経緯があります。

ただ農作業ができない為に、母は清作(のちの英世)を勉学に集中させたそうです。

幼いころから成績がよく、それが後の細菌学者、

野口英世を生み出すきっかけになったといわれております。

そういった逆境の中から、這い上がる力はすごいですね。

aa.jpg

清作(英世)が落ちた囲炉裏

アフリカにて感染症患者を大幅に減少させた功績もありますが、

有名な功績は、下記になります。

1911年 梅毒病原菌の構造の解明に成功、ノーベル賞候補

1918年 南米エクアドルで黄熱病病原体発見

その他、母からもらった名前「清作」が嫌だった為に、改名したり、

女好きで有名だったなど、面白いエピソードがございますが、

仕事には本当にまじめで、寝ずにひたすら実験に明け暮れたそうです。

そういった真面目な部分は私も見習わなければと、感じた日でした。

IMG_5715.jpg


拍手する