2017.10.02

会津もめん

こんにちは!

郡山店の榎本です。

早いものでもう10月になりました。

夜に窓を開けると虫の声が聞こえてきます。

りんりんりん・・・ころころころ・・・

音楽を付けなくても窓を開けているだけで心地良い季節です。

さて、先日わたしが向かったのは福島県会津若松市。

学生時代を会津若松で過ごしたこともあり、会津の精神や文化、そして工芸品が大好きです。

会津の伝統工芸品の一つ、会津木綿。

会津木綿はなんと今から約400年前に誕生!

会津藩主、蒲生氏が産業復興のために綿花栽培を始め、木綿を織ったことが始まりだそうです。

現在会津若松には織元が2社あります。

今回私は創業100年を超える老舗の織元『山田木綿織元』さんへお邪魔しました。

蔵や大正ロマンを感じる建物がたくさんの残る七日町、

そこにあるノスタルジックな佇まい、、、こちらが山田木綿織元さんです。

544.jpg

中に入ると店主の方がたくさん生地を見せてくださいました。

藍色、土色、朱色、、、素朴な美しさがたまらないです。

生地を眺めていると、奥から ガシャンガシャン と音が聞こえる・・・。

店主『これは木綿を織っている音ですよ』

店主の方にお願いすると、快く工場見学させてくださいました。

織場に近づく度に大きくなる ガシャンガシャンという織機の音。

中を覗くと、、、

543857.jpg

織機のダイナミックな音と動きに圧倒!

昭和初期から受け継がれてきた豊田自動車織機とのこと。

織機の他にも糸を整えたり、ボビンに巻きつける機械も。

357354.jpg

会津は盆地なので、夏はじめじめ暑く、冬は凍える寒さ。

厚手で丈夫な木綿は、吸水性と通気性、保温性が高いため、

昔から普段着として会津の人に愛されてきました。

最初はごわごわした触り心地ですが、使う程に柔らかく肌になじむ質感に。

見た目は素朴ですが、温かみがある生地は触っていると、心がほっこりします。

会津の良さを改めて感じた一日でした。

今度は会津のカフェをめぐりたいです。

.


拍手する